今とは違う自分へ

医歯薬中でも医師の場合、職場の労働状況の悪化で転職をしたいと思っている人の割合が多いことは皆さんもご存じのことでしょう。度重なる夜勤やせっかくの休みの日の呼び出しコールに辟易し、できれば早急に転職をしたいと希望している医師がたくさんいるようです。
だからと言って受け持ちの患者さんを放っておいて自分勝手に転職するというのも気が引け、今の状況に我慢をしているというのです。患者さんを診るどころかこのままでは自分が患者側になりそうな医師の声を聞くにつけ、我々ではどうしようもできない現実があります。
また普通のサラリーマンと同様に40歳後半から50歳くらいになると、多少忙しく肉体的にも大変な時もありますが、それでもふと“私の人生こんなもの?”“こうしてずっと今の暮らしを続けていくのか”と思ってしまう時があるようです。
医師としての長い道のりを駆け足でやってきて気が付くともう40歳後半、医者としても可もなく不可もなくやってきて、ポストや給与面も今のままであまり“不安も不満もないが何か違う”という気がしてしまう時があり、いっそ働く環境を変えてみるのもいいかもと考えるようになります。
いわゆる自分の仕事へのやり甲斐の問題です。医者ですから患者さんに対して精神誠意病気の治療にあたり、一日でも早い治癒を願い力を尽くしていても、今の仕事に自分はやり甲斐をもってやっているのかと、自分に問う時むなしくなるそうです。
本当の医者の仕事はテレビドラマであるような、ドラマチックで走り回るような仕事ばかりではありません。静かに病気の方を診てどうにか病気を治してあげたいと思い努力をしているのです。それが今の仕事です。
それがある時ふっと、“これでいいのか?”と頭をもたげてくる自分の言葉が気になるようになるのは、普通です。医歯薬の中で医師だけでなく歯科医も薬剤師も普通の会社に勤務のサラリーマンにもそういう時はあります。
その自分の声をどう処理するかは、ご自分が一番よく分かっていると思います。その声に従って転職、環境を変えて考えてみるのもよいのではないでしょうか。そうすれば違う自分が見えてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。